2006年09月09日

わたしは悪い不動産屋

わたしは悪い不動産屋〔改訂版〕

[書評]
アマゾン楽天ブックス

住宅関連の仕事に就くようになったのですけれど、するととりあえず関連した、するであろう、するかも知れない本を読み漁ったりします。インテリアコーディネーターの本だったり、プランナーだったり、建築基準本だったり、瑕疵対策本、欠陥マンション・住宅、ハウスメーカー・ビルダー本だったり、ちょいと気になれば、すいすいと読んでみるわけですね。ほんで、不動産=悪い人的な本書も読んだってわけ。

大人になると、純ではいられなくなって、なにかしらで悪いことに関わるわけですが、ナイーブ、純朴な人っていうのはいるもので、それが好悪ではなく、現実に感性っていうものが人間には備わっていて、傷つきやすい人もいれば、生まれながらのワルもいるので、ここでいうナイーブってヤツは、それをまだ知らない、案外わかっていない人のことを言っているのですけれども、悪い人っていう定義はいろいろあるのでどうってことはないですけど、ずる賢い狡猾な人っていうのは、僕は嫌いです、そんなタイプの人は嫌われちまったほうがいいですよねえ。純朴な人が好かれる世の中のほうが楽しいのじゃないのじゃない。

純朴ってヤツは…
posted by susan at 08:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ハウツー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23481408

この記事へのトラックバック

新築マンション 選び方の基準
Excerpt: 新築マンションの購入でも賃貸でも、疑問や不安はつきもの。誰もが迷います。 どんな基準で選べばいいのかをご紹介・・・
Weblog: 新築 マンション
Tracked: 2006-09-09 12:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。