2006年10月09日

動きのクセでわかるできる上司できない上司

動きのクセでわかるできる上司できない上司

[書評]
アマゾン楽天ブックス

人には13種類の動きがあって、それらの動きから、その人がどんなタイプの人間かがわかる、というお話。社会生活をしていくうえで、知っていてもいいかも知れません。2001年発刊。

1)一転注意の動き
2)注意不明の動き
3)全体注意の動き
4)不注意指示の動き
5)攻撃の動き
6)虚脱の動き
7)強調の動き
8)独断の動き
9)接近の動き
10)突進の動き
11)機敏の動き
12)退避の動き
13)不動の動き

会社にいる嫌な上司の動きを思い出して、上の内容と重ねてみると、ふむふむ独断の動きをしているのですね。典型的な動きをしているので、うんこれは独断のタイプで、ダメだこりゃ、となります。
他人を客観的に眺めるもよし、自戒するもよしだと思います。

本ランキング
posted by susan at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウツー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。