2006年10月10日

死ぬための教養

死ぬための教養

[書評]
アマゾン楽天ブックス

人間は必ず死ぬことになっていて、意識は脳みそだけによるので、脳さえ存続できれば、生きていけるような気もするのですけれど、今のところは、それは不可能とされているようです。

って、そんなことが書かれている本書ではないのですけど、(ルパンの)マモーの正体だとか、ビートたけしの臨死体験だとか、養老先生のバカの壁だとかを読んでいるうちに、人間ってヤツは、結局は脳みそ(意識)こそが自身の存在なのかなあと思うというか考えさせられるというか。
宗教とか死後の世界とか前世とか霊魂とか、宗教と他を一緒にするのもちょいと差異がありますけども、観念的なことは、結局あんまり人間の死そのものには関係がないのではないでしょうか。死んでしまっては、本人にはそれら観念的理屈というか言葉の解釈の屁のような理屈は、やっぱり関係がなくなるなあと思います。理屈でなくて感覚なので、感性とも言う人がいましたけれど、言葉のない時代ならば、やはり感覚か感性なのでしょうけど、言葉が生まれてから、胡散臭い事柄が増えてきて、おかげでスピリチュアルな精神的な体験とか影響が実際に出てきたのでしょう。
観念っていうものは、生きている人々のもので、恐怖とか欲望とか生きている人だけのもつ愉しみでもあるのかなあとも思い、それならば意識の胡散臭さがあっても良いのかなあとも思ったりする最近です。
2003年発刊。

本ランキング
posted by susan at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2011年のエリザベス女王杯のあなたの予想的中率をズバリ診断!あなたはどの程度正確に予想できているのか!?馬券を買う前にこのサイトで診断してみましょう!
Posted by エリザベス女王杯 at 2011年11月03日 02:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25167266

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。