2006年10月10日

バカな上司につける薬

バカな上司につける薬

[書評]
アマゾン楽天ブックス

先日まで、どうにもしょうもない、と思える上司がいて、やっていることがどうにも解せないというか、はっきり言ってどうしようもないのではないかと思う人が上司なわけなのですが、勝手にやっている分には、まあかまわない。かまわなければ問題は起きない、会社や組織としては問題ではある、大きな問題であるハズなんですけれど、個人としてならば、会社経営者でないならば、自分が平社員ならば、上司がアホだろうとクソだろうとマヌケだろうとかまわないわけです。
大いに問題ですって?ええ、大いに問題でしょうけれども。もっと問題があって、どうしようもねえな、と思える上司にどうしようもねえと説教される環境があって、周りの人もイマイチ冴えのない、という状況があったとするならば、単にどうしようもない上司の一人の体たらくは、個人的に損害やストレスはなく、あったとしても如何様にもできるってわけです。当人が優れているならば、我慢もできるし、責任を押し付けられないようにすることもできるでしょう。優れたテクニックで困難を乗り切るか、避けながら前へと進むことも考えるでしょう。いつしかそれらを愉しむ余裕さえできているかも知れません。

くだらない上司がいて、その権力による危害が自分におよぶ状況とあれば、案外結構厄介かも知れません。
先日まで、そんな状態が続いていて、ぼやきたいわけなんですけども、ぼやく相手が社内にはいない。そんな状態があって、一人か二人か、ぼやけそうな相手はいるのですが、聞けば、もう辞める、とのこと。要はバカらしくてこの会社じゃやってられない、ってわけなんですね。自分の実力がなくて怒られるだとか、仕事に行くのが憂鬱だとか、そういう経験というのは、誰もが大人になるにつれて、嫌でも経験していると思います。けれども、それとはちょいと違うどうしようもねえなあ、コイツは…、といった感覚。一種の階級社会のような感覚なのでしょうか、どうしようもできない、変な感覚。人種差別にもちょっと似た感覚なのか、わかりませんけど、バカの壁というか、根本からどうしようもねえなあ、と諦めたくなる、というか、ばやきたくなる、というか、もう退職したくなる感覚。
仕事が辛くて辞めるのではなく、クソばからしいから辞める、みたいな感じ。上手く言えないので、正確に伝わらないのでしょうけれど、嫌な上司がいるだけで、こうなるのですね。

で、そいつだけか、どうか、慎重に疑って見ていたのですが、その嫌な上司が他部署に移って、各人がステップアップした感じになったのですが、なんと、というかやっぱりというか、なんですが、おんなじことを言うヤツが現れたんですね。現れたというか、もともと居たので、もう現れているのですが。何せ同じ言い回しをしてるの。仕事感覚も同じ。
もうバカ、としか言えないのですね、コイツは。といっても、本人にどう言っても解っちゃもらえないのも、わかっているわけで、つまり、バカというよりも、バカの壁、なのですね、これは。

ということで、私にとっても不遇は、しばらく続く、ということですね、はい。

本ランキング
posted by susan at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。