2005年09月29日

文章読本

人気blogRanking←本・読書ランキングに参加しています
クリックしてもらえると、ランキングが上がります(^_^)

今日のランキングは→こちら


文章には、いい文章と悪い文章があって、読みやすいからいいわけではなく、理解するのが難しい文章が悪いともいえなく、内容あってのいい文章なのだそうです。内容が簡単で、すらすら読み進めていける文章でも、情感の伝わる文体なら名文で、2行3行で説明できることを数ページにわたってまわりくどく記された文体が悪文だそうです。

向井敏さんの文章読本では、著名な作家の文体に関して、明快に批評していて、ときに悪文極まりないと評した書もあって、参考になります。批評は批評家の主観になるのですが、悪文の批評を読んで、ちょっと安心しました。(ある本に対して)読みにくいなあ、と思うのは自分だけでなく、熟練の人にしても同じなのです。読みにくい本、というものはあるのです、いっぱい!

ドストエフスキーの訳書などでは、一通り読んだだけでは、いまいち理解できなくて、物語の情景もイメージできません。訳そのものは原文に忠実だとすれば、聞きなれない言い回しや、見慣れない言葉が出てくるので、難解になるのは、当然なのかも知れません。

外国書は、原文を読むことが最も適当だと言います。ヘミングウェイは、読んでいてつまらなくて、途中でやめちゃうことが多いのですが、多分、原文(英語)を読むと、また違った感想になるのでしょうね。

オンライン書店ビーケーワン:文章読本文章読本

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス

[スポンサーサイト]
posted by susan at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

文章読本

濫読をしていると、作品のほかに、文体に作者の趣味があることがわかってきて、ひらがなが多かったり、『、』が多かったり少なかったり、段落が多かったり、口語調であったり、読みにくかったり、平坦であったり、時代や内容にもよるのですけれど、文体の違いを見て、作者の筆走りを想像しながら、趣味を勘ぐりながら読んでいます。

文章読本という本がいくつかあって、文学作家の文章観が記されていて、書き方、考え方、センスがうかがい知れます。小説やノンフィクションのような物語的な面白さはなくて、かわりに国語の教科書を読んでいるような気持ちになって、ふと小学生を思い出して、文豪は誰だったのだろうか、と思い出して考えます。たまに国語を意識してみたらいい(と自分に)。

文章の書き方に関して言えば、基本的に自由に書いていけば良いのだと思います。前後の文章がおかしくなっていても、『、』をつけることで、それで良いのでしょう。主語をはぶいても良いし、述語をはぶいても良いでしょう。少々意味のわからない文体になると、謎めいて解説がつくことになるのでしょう。

オンライン書店ビーケーワン:文章読本文章読本

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス

[みなさまのご意見]
市居嗣治の「今日のお気に入り」さん
鳥の巣堂 coffee andさん
ほんのあなろぐさん



★本・読書ランキング

posted by susan at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

英語、英会話の根本を伝える教本。

大きな太った猫と、パイ屋さんのエドが登場します。2人の状態や行動を英語で表現して、英語の基本を教えてくれます。

英語を苦手だと感じている人が読んだら、苦手意識がなくなると思います。しゃべれなくても、英語の基本構造が、とても簡単にできていることがわかります。中学生のときに知っておきたかったよお、とか思うかも知れません。

「誰が」「どうした」「何を」の順番が英語の基本で、その後ろに、「時間」や「場所」が付随されます。重要な順番に並んでいくので、頭で思った順番に言っていけば、英文法の構造になります。

単語をいっぱい知っている人よりも、知らない人の方がしゃべれることがあって、それは英語の構造を知っているからなので、単語力のある人は、自信をもてば、すぐに英語で話ができるようになります。

正確な言葉で話したいと考えていると、英会話が怖くなってしまいます。たくさんのことを(私のように)覚えられない人は、新しい事柄を知って覚えていくように、自分が使う必要なボキャブラリーだけをだんだんと増やしていけばよいと思います。

アメリカにホームステイをして、お別れの日に感謝の気持ちを伝えるのに、ガイドブックに書いてあった「Thank you four your kindness.」を何回も言うしかなかったり、洗濯機が動かなくて「洗濯機が動きません」と言おうとして「Don't move!」と言ってしまって、ホストファミリーが止まってしまったり、 古今東西、誰もが何処かでいつしか、同じような経験をしているのでしょう。
ランキングを見てみよう!

[みなさまのご意見]
grow up!meg ★セブと日本で生活してるよ★さん
the chime will ring-日記帳-さん
システムエンジニアと英語の非常識な関係♪さん
エイゴ道。さん

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックスblogランキング

オンライン書店ビーケーワン:ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

posted by susan at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。