2005年08月30日

「超」勉強法

知識があれば興味が深まる。勉強方法の原則から、ちょっとしたヒント、方法論を紹介。学生諸君、そして学びを続けたい大人たちよ、読んでみてはいかがですか、大変なことになりますよ。

オンライン書店ビーケーワン:「超」勉強法「超」勉強法

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス
本・読書ランキング



中学のときは、なんとか踏ん張って試験勉強をした記憶があります。あと1年中学があったら、多分成績は下降していったでしょう、と思うほど最後の方は一夜漬けの連続でした。

高校に入ると、もう全然勉強はできなくなって、できないのと、やる気が起きないのが合わさって、一夜漬けもやらなくなり。そこでとった方法がカンニング、なのですけれど、机に書いたり、腕に書いたり、紙を仕込んだり、小さなことをちょろちょろやったものの、要点を理解していないから、ほぼ何も役に立たなかったのですねえ。そこで最後の最後に、どうしても点数が欲しくて、ある一定の点数以上が自分にとって必要だ、となると人間というものは結構大胆な行動をしてしまうもので、勉強ができる友達に答えを机の端に書いてくれっ、という話になって、テスト中、答えのわからない周囲がそれを見ることに。長い答えは見てられないのですけれど、記号とか数字の答えというものは、思い切って席を立って覗いてアタマに焼き付けることができるのですね、集中力で。先生が後ろから前に歩いて、視界から僕らが消えたときに、みんなして席を立ち上がって覗きこんだのでした。みんながいっぺんにやるからコントみたいで、それが試験の最後の思い出、となりました、私だけの思い出。今も昔もやることは、変わらないのかも知れません、人類は繰り返している。
第一原則:面白いことをする
第二原則:全体から理解する
第三原則:八割原則
「学歴社会」を批判する人が多い。しかし、職業が門閥や親のステイタスで決まってしまう社会のほうが、はるかに憎むべき社会だ。そこでは、「統治者は永久に統治者であり、兵士は永久に兵士であり、(中略)労働者は労働者に運命づけられている」。
興味のある本を乱読すれば、速読できるようになる。
√2=1.41421356...は、ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ、と覚えよ。

円周率π3.141592653589793238462643383279...は、サンイシイコクニムコウサンゴヤクナクサンプミヤシロニムシサンザンヤミニナク(産医師異国に、向こう産後厄なく産婦御社に虫散々闇に鳴く、と覚えて。

化学の周期律表H He Li Be B C N O F Ne...は、水平リーベ僕の船七曲がりシップスクラークか。

イオン化傾向は(K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn...)は、金貸すな、まあ当てにすな、ひどすぎる借金。

出勤時のチェックでは、ハトガマネクッテ、パ。その意味するものは、ハンケチ、時計、がま口(財布)、万年筆、メガネ(あるいは名刺、あるいは免許証)、靴べら、手帳、パス(定期券)。

馬鹿にしないで使ってみると、なかなか便利だ。
posted by susan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

新しい歴史教科書

しばしばささやかれるので、新しい歴史教科書を読んでみました。皆さんも読んでみたら、歴史観が少し変化するかも知れません。史実のポイントを集約していて非常に分かりやすい印象を受けました。

オンライン書店ビーケーワン:新しい歴史教科書新しい歴史教科書

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス

[みなさまのご意見]
Diary@Soleilさん
聞こえるかいさん
ピースダイアリーさん
のんちゃんの法律雑記さん

当時の歴史教科書を読み返すと、あまりにも日本の歴史認識問題、日本史教科書問題が、要約されすぎていて、史実をたくさん掲載するためなのですけれど、1つ1つの事柄がそれを読んだだけでは全くわからない、という部分がいくつも出てきます。今、大人になってやっとわかってきた、理解できることがたくさんあって、教科書以外の時代小説や歴史博物館や大河ドラマなどを読んだり見たりしたので、いくらかは認識してきましたけれども、授業っていうものは、時間内でそれを教えたり教わったりするうえで、とても大変なことではないかとあらためて感じました。真面目に真剣に歴史を教えたい、と考えている先生にとっては、時間が足りないのが当然だと思います。覚えておくべきポイントと忘れても良いところをもう少し明確にしてもらったら、生徒としては嬉しいです、もし自分が生徒に戻ったとしたら。時間の経過についても、もっと意識させたら歴史を知ることが面白くなるのではないでしょうか。江戸時代などは、そんな古い歴史ではないですもの、最近と感じるか、昔と感じるか、授業の進め方で変わってきそうです。

戦後に生まれてきた人にとっては、なんで大東亜戦争の悲惨な結末をたどったのかが疑問の1つで、簡単に説明する人もいますけれど、また解釈の違いがあるのですが、結論としては、必然の歴史だったのかも知れません。現代の感覚で見れば、意味のない戦争だと感じますけれど。そこに至る時系列として明治時代の流れ、江戸幕府の流れがあって、歴史というものはつながっていて、その時代に生きている人は、時代のうねりに巻き込まれていて、戻ろう、引き返そうと思っても戻れない。歴史を学んで過去の成功や失敗を知っている人でも、それを止めることはできなくて、世の中を良い方向にもっていくことはできない。世の中というものは、そのようなものなのだと。

ランキング

posted by susan at 11:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。