2006年08月10日

組織の盛衰

組織の盛衰

[書評]
アマゾン楽天ブックス

組織の構造的欠点、合理性、非合理、頽廃について、するどく考察研究指摘している1冊となっています。役所や企業、会社、コミュニティに通っている方が読んでみたら、参考になるのではないでしょうか。とはいっても、人生経験の少ない人が読んでも、それほど思い当たる箇所は少ないかも知れません。というのは、社会で生きていくうえで、正論や常識(だと思っていること)では通じない感情の面、人間の性とか業とか、数学的でない面の人生経験をしてこを本書の内容に共感や学び気づきを得られると思うのです。199年初版。堺屋太一著。

堺屋さんは、成長期以降の世の中について、たくさん記されていて、本書もその1つになっているのですけれど、分かりやすく読みやすい部類だと思います。面白いというよりも、答えを知りたい、教えてほしい、といった感覚で読み進めてしまいます。ある程度の答えというか、方向性というか、うねりというか、世の中の流れや法則、というものを知ることができ、読んだだけで勉強になると思います。どう解釈するか、何をどう捉えるかは、もちろん読者によりますけれどね。子供が読んでも、分かりはしないでしょ、大人に読んでもらいたい1冊、夏休みにね。ふむふむと読める子がいるならば、そいつは天才の1人だと思います。
組織は、個人よりもはるかに成功体験に溺れ易い。というのは、ある戦法、ある事業で一度成功すると、その成功の功労者たちが組織の中の主流派になり権威と権力を強める。このため、その人たちの専門分野の権限が拡大し、以後の判断も成功体験分野からの支店に偏するのである。
しかも、一度、そのような組織構造ができ上がると、後から組織に加わった新人たちも、将来の主流派を目指して現主流派に加わろうとするため、過去に成功体験のある分野には有能で野心的な人材が集中する。同時にサポーティング・セクション、例えば総務とか経理とか予算とかいった管理分野も、将来、主流になる人々の好感を得ようとして成功体験分野を有利に扱う。例えば今は同じ大佐でも、将来海軍次官・連合艦隊司令長官になりそうな主流畑の人の要求には予算を付けるが、主流を離れた新規分野の大佐なら、すぐ少将で退役と思うから予算要求に応じない、というわけだ。いったん成功した者が主流派を構成し、現在の権力と将来の出世可能性を独占するので、成功体験分野での同じ方法論が繰り返されることになるわけである。
しかも組織の場合は、成功体験の繰り返しで失敗すると、主流派は、結束して「今回の特殊事情」を並べ、「方向は正しかったが運が悪かった」と主張し、その地位と権限を守ろうとしてこれを批判する「正論」を弾圧する。このため、ますます創造性と改革性が失われ、成功体験への埋没がひどくなる。成功体験への埋没が、立派な組織を「死に至る病」に陥れるのには、こうした組織力学も関係している。


本ランキング
posted by susan at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺屋太一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

峠から日本が見える

日本の現状を憂う人は少なくないと思いますが、バブル経済崩壊以前から、このようになっていく、という予測をしていた人が幾らかいて、その一書がこちらです。80年代のバブル経済は、江戸元禄時期の市況と似ていて、それを検証し、現代のトレンドを見解していきます。昭和57年発刊、堺屋太一さん著。日本経済の動向に関心のある方は、堺屋さんの本を数冊読んでみたらいいです。論点が一致しているので、わかりやすく納得できるのではないでしょうか。

オンライン書店ビーケーワン:峠から日本が見える峠から日本が見える

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス




人気blogRanking


日本国内の市況を考えたとき、人口が減少傾向になるので、当分、数十年は統計的に経済は衰退するのだと思います。新橋に勤めるサラリーマンは急激に減り、数ある居酒屋さんの幾つかは、それに伴って閉店していくのでしょう。お昼のレストラン、食堂も同様で、客足の減少への対処の仕方は、従業員数を減らしたり、自給月給を減らして、支出を抑えることになります。現代日本は人件費がどうしても高くつき、高給料傾向はなかなか変えられません。子会社に移籍させたり、転職させることができれば、給料を強制的に下げることができます。ただ、借金をして給料が下がっては困る、という人がたくさんいて、そのタイプの人は現状維持に努めます。雇う側と雇われる側の攻防が始まります。これを雇雇攻防といいます。
posted by susan at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺屋太一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。