2005年09月08日

人間失格

太宰治さんの自伝的小説。数度の自殺未遂、他人に言わない自分の偽りの姿の告白、精神の退廃、そして死。昭和23年執筆、39歳。

幼いころから自分を偽って生きてきて、好きなことを素直に好きと言うことができなくて、やりたいことを積極的にやってこなくて、望んでいないことを多く行ってきた。そんな自分の人生が好きではなくて、つまり自分自身が好きでないから、自身を大事にしなくなってしまう、自分のことなんてどうでもいい、どうなってくれてもかまわない、年齢を重なるに従ってそんな深層感情が大きくなっていき、そして…。

オンライン書店ビーケーワン:人間失格人間失格

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス

[みなさまのご意見]
風の歌を聴きながら・・さん



現代でも、いつの時代でも、日本だけでなく、世の中には精神を病んでしまう状況というものがあって、それは社会環境が平穏であっても起きてしまう。社会情勢が不安定でも、誰かは精神を病んでしまうし、無くならない原理がそこにはあるのではと思います。

自分の精神が衰退しているのではないか、と不安にかられているときに読んでみてはどうでしょう。人生のはかなさ、というものを感じるのではないでしょうか。

人気blogRanking←読書家が集います

posted by susan at 11:08| Comment(1) | TrackBack(2) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。