2005年09月21日

大地の子

ある中国残留孤児の数奇な運命を追った半ノンフィクションストーリー。幾年にわたる取材活動記はこちら。山崎豊子さんベストセラー。

太平洋戦争末期、少年松本勝男は、満州に住んでいて、その地で終戦をむかえることになります。多くの日本人がそこに取り残され、帰国する手段を断たれます。混乱の中で、家族と離散した勝男は、壮絶な日々をおくり、間もなく現地中国人の陸(リュー)さんに引き取られます。やっと安息の生活が来たかに思えたが…。

オンライン書店ビーケーワン:大地の子 1大地の子

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス

[みなさまのご意見]
あたる de blogさん
吠えない!さん
イーライがやって来たさん

以前、山崎豊子さんの作品沈まぬ太陽を読んだときに、「大地の子」も読んだらいいですよ、とコメントをいただきました。どちらも重厚で訴える強さがあって、誰しもが後々何かしらの気持ちを抱くのではないでしょうか。普段は忘却していても、ふとしたときにを考えたりします。

爺さんが二十代のころ、ハルビンに駐留していて、そのころ東京の墨田区周辺は米軍の空襲にあっていたといいます。その後、爺さんが帰国してみると、家もなんも無くなってしまっていたのですって、だから身体は無事だったと。


本といえば…


posted by susan at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山崎豊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。