2005年12月08日

再び省エネ時代に

blogランキングに参加しています。
クリックしていただけると喜びます(^^)

トラックバックいただいた方々、ありがとうございます。

ちょいと前までは、サイトにおじゃまして、コメントを残したりしていたのですけれど、労働時間短縮の関係で、あんまり他のサイトにおじゃますることができなくなりました。

要は忙しくなった、というわけです、個人的に。

ということで、再び省エネ時代になりました、個人的に。

posted by susan at 20:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 濫読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

私はこうして投資を学んだ

濫読が一利もない、とよく言われるのですが、では濫読から脱却するにはどうすればよいのか、というと、一つのカテゴリーを集中して読むことが1つの方法だそうです。

たとえば、文学に目覚めた、村上春樹の1冊を読んだら、思いもよらず興味が沸いてきて、もっと本を読みたくなった、そうしたときに、村上春樹の本を片っ端から5冊から10冊読むのだそうです。

似たような本の選択の仕方として、最初に読んだ本に関連する本、巻末に記載されている参考図書などを順番に読んでいく、というのもあります。文中に出てきた本を読んでみてもいいかも知れません。

10冊ぐらいまとめて、(なにかしらで)同じ分野の本を読むと、短期間に一気にそれに関して詳しくなるようです。気になったものを読んでいたところ(濫読)から気になったものを集中してインプットするところ(多読)に読書の仕方が移行していったら、読書家としては前進だそうですよ。

ということで、最近、株に興味を持ちはじめたので、10冊ばかし濫読をしようかと思います。
利益を得るための一番の教え、それは「体験」である。体験を通して、自分に最も合った利益の出る手法を身に付けないとならない。
私はこうして投資を学んだ私はこうして投資を学んだ

[書評]
ビーケーワンアマゾン楽天ブックス



ブログランキングに参加しています(^_^)

posted by susan at 18:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 濫読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

乱読を始めて、はや半年

乱読を始めて、はや半年ほど経ちました。速読ができる人がいて、その様子を見てみると、なんてスピードで読むのだ。。と驚嘆してしまいます。落ち着いて、集中して、リラックスして、本の中(世界)に入る、ような感じなのだそうですけれど、言われてみれば、そんな感覚もわからなくもないです。

小説や伝記ものなどを読んだときなんかは、読み始めは、すぐには集中して読み進めていけないのですけれど、ストーリーの内容をだんだん把握してきて、展開に興味が沸いてくると、ぐぐっと本の世界に入っていけます。速読はできていないのでけれど、乱読にはなっています。

先人が言う戒めがあって、乱読は一利もないのですって。ただし乱読から始めないと、先に進めないのですって。


人気blogRanking←本・読書ランキングは




posted by susan at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 濫読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。