2006年10月10日

死ぬための教養

死ぬための教養

[書評]
アマゾン楽天ブックス

人間は必ず死ぬことになっていて、意識は脳みそだけによるので、脳さえ存続できれば、生きていけるような気もするのですけれど、今のところは、それは不可能とされているようです。

って、そんなことが書かれている本書ではないのですけど、(ルパンの)マモーの正体だとか、ビートたけしの臨死体験だとか、養老先生のバカの壁だとかを読んでいるうちに、人間ってヤツは、結局は脳みそ(意識)こそが自身の存在なのかなあと思うというか考えさせられるというか。
宗教とか死後の世界とか前世とか霊魂とか、宗教と他を一緒にするのもちょいと差異がありますけども、観念的なことは、結局あんまり人間の死そのものには関係がないのではないでしょうか。死んでしまっては、本人にはそれら観念的理屈というか言葉の解釈の屁のような理屈は、やっぱり関係がなくなるなあと思います。理屈でなくて感覚なので、感性とも言う人がいましたけれど、言葉のない時代ならば、やはり感覚か感性なのでしょうけど、言葉が生まれてから、胡散臭い事柄が増えてきて、おかげでスピリチュアルな精神的な体験とか影響が実際に出てきたのでしょう。
観念っていうものは、生きている人々のもので、恐怖とか欲望とか生きている人だけのもつ愉しみでもあるのかなあとも思い、それならば意識の胡散臭さがあっても良いのかなあとも思ったりする最近です。
2003年発刊。

本ランキング
posted by susan at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裸の王様

裸の王様

[書評]
アマゾン楽天ブックス

「裸の王様」という題名に引かれて、読んでみました。裸の王様、というフレーズというか、皮肉な言葉なのですが、結構好きというか、好きなわけじゃあないですけど、世の中を生きていると、そんな場面がでてきて、当事者であったり、傍観者であったりするのですけど、客観的な見地で物事を見る傾向のある方ならば、裸の王様的景色を生活の中で、何度も見ていたりするのではないでしょうか。権力を持ちたいと思うこともあれば、権力者にはなりたくない、とも思うこともあるのではないでしょうか。2003年発刊、ビートたけし著。
実際には別に働き場所が無いわけじゃないんだ。自分がこれまでやっていたのと同じような仕事をして、これまでと同じような待遇で、給料が貰えるところを探しているから働けないに過ぎない。会社が倒産して単に働きたいのなら、出前持ちでも何でも仕事はあるんだよ。
今まで通りの仕事が出来ないから不況だって言っているに過ぎない。
どうして、「健康」を持ち出すと、こんな不思議な状態になるかといえば 、目的と手段がごっちゃになっているからじゃないか。本来、「健康」っていうのは別に最終目的ではないはずなんだ。
健康な状態の自分が何をするか、というのが生きていくうえでの問題のはずだ。それが、いつのまにか「健康であればそれが一番いい」という話になっているからおかしなこちになる。


本ランキング
posted by susan at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートたけし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。